Skip to main content
 

今週の気になったAIニュース vol. 49

最近は表現学習の手法が地味に進んできている。

しかし、昔ながらの教師あり学習も、

最近は巨大なタグ付け済みデータを作るのが当たり前になってきた。

追う教師なし(自己教師あり)学習対逃げる旧来型の教師あり学習って感じか?

そもそもの動機が、

良質のタグ付け済みデータを得るのが難しい

→ タグ付けなしでも出来る学習

→ 自己教師あり

だったのだから。